page_photo_special_product

Home > 四季のイベント

四季のイベント

自然豊かな両河内では、季節ごとに様々なイベントが開催されております。
春の筍、夏の蛍、お茶の各種イベント…等々、季節によって趣の変わる両河内のイベントを、是非お楽しみください。

春のイベント

●鎮札神社祭礼

・日時/毎年3月1日
・場所/静岡県静岡市清水区大平 鎮札神社と周辺
今から1,050年程前に創建された両河内地区で最も歴史の古い神社の一つで、境内には荘厳な空気が漂っています。
毎年祭礼の日には多くの屋台と地区内外からの人々で賑わいます。

●清水森林公園桜まつり

・日時/3月中旬
・場所/静岡県静岡市清水区西里
清水森林公園「やすらぎの森」
両河内地区に春の訪れを告げるお祭りです。
一面に河津桜が咲き乱れる様子はまさに一見の価値あり。
開催日の前後は「桜まつり週間」として地元全体がお祭りムードに包まれます。
近くには温泉「やませみの湯」やお食事処「たけのこ」があり、丸一日ゆっくりできます。

●善光寺とたけのこまつり

・日時/4月第二土日
・場所/静岡県静岡市清水区布沢 まつり広場
お茶と並び両河内地区の代表的な農産物、筍の豊作を祝うお祭りです。筍はもちろん手打ちそばや地元農産物の販売もあります。
大釜で茹でる筍は家で茹でる筍とは、一味も二味も違い、絶品の一言に尽きます。

●「高嶺の香(たかねのはな)」を味わうお茶会

・日時/4月下旬
・場所/静岡県静岡市清水区清地 初取引茶園
茶産地両河内地区の象徴といえる「高嶺の香」。一般には流通しないこの幻のお茶を、収穫直後の茶畑で皆さんにお披露目する茶会です。
テーマは「未知との遭遇」。ここでしか味わえない特別なお茶をお楽しみいただけます。

夏のイベント

●アユ釣り解禁

・日時/5月20日
・場所/興津川流域
両河内が誇る清流興津川。東日本で一番早く鮎釣りが解禁され、全国の釣り愛好家が興津川に集結し賑わいます。
自然豊かな興津川の川べりで、竹笠をかぶり並び釣る姿は、春から夏の風物詩です。

●祈願 日本一静岡茶「てっぺん静岡茶プロジェクト」 両河内茶業会 足久保共同製茶組合 静岡市茶商工組合 共同イベント

・日時/8月上旬
静岡市の茶業の発展と日本一静岡茶を祈願するため、白装束に陣笠姿、茶箱を担ぎ霊峰富士山頂、浅間大社奧宮にお茶を奉納します。
奉納したお茶は「富士山プレミアム茶」としてさまざまなイベントで振る舞われます。

秋のイベント

●両河内まつり

・日時/10月中旬
・場所/静岡市立両河内中学校グラウンド
両河内地区最大のお祭りです。両河内の各自治会を主体とした出店が至る所に並び、農産物や加工品を筆頭に食べるものなら何でも揃います。
目玉商品の手打ちそばやきんつばは、開始数時間で完売してしまう程の人気です。

●清水森林公園秋まつり

・日時/10月下旬
・場所/静岡県静岡市清水区西里
清水森林公園 であいの広場
「天高く馬越ゆる秋」とはまさにこのこと。透き通った青空と冬支度を始める木々達に囲まれて、春の「さくらまつり」とは一味違った森林公園を楽しめます。
イノシシ鍋ややまめの塩焼きなど地場産品が勢揃いします。

●秋のお茶会

・日時/11月の主に日祝日
・場所/生産者の自宅、お茶工場など
山々の木々達が徐々に色づき始めた頃、両河内地区の茶農家でさまざまなお茶会が開催されます。
秋に収穫された農産物、加工品はもちろん田舎の素朴な人達とのふれあいが楽しめることが一番大きな魅力かもしれません。

冬のイベント

●JA両河内収穫祭

・日時/12月上旬
・場所/JA両河内支店にて
両河内地区の農産物はお茶や筍だけではありません。冬の野菜達が所狭しと並びます。
中でも絶品なのが塩茹でした里芋の網焼きで、そのまま食べてもよし、お母さん達手作りのみそにつけて食べたら……ほっぺたが落ちます。